未経験40代から介護職へ転職するには?

40代介護職

利益優先の経営方針に嫌気がさしたサラリーマンや、子育てがひと段落した主婦など、40代から介護職へ転職・就職する人もいます。

ちゃんと就職して働き続ける事ができるのか?と不安になる方もいると思いますが、結論からいうと…

40代 未経験から介護職に就職・働き続けることは可能です。

もちろん40代での転職なので、人によっては難しく大変かもしれませんが、基本的には働くことができるでしょう。

スポンサーリンク

あなたは年下から指示されても平気ですか?

40代での転職になるので、もし就職できたとしても上司が年下の場合が考えられます。

普段は上手く付き合えても、現場が忙しくて余裕がない場合、命令口調やきつい口調になってしまう事もあるでしょう。

なので年下にとやかく言われるのに抵抗がある人は転職をお勧めできません

理想と現実のギャップを縮める

高齢者の介護という仕事内容に対して、働く前に思っていたイメージと実際に働いた後のギャップが大きいことで、介護の道を諦める人も少なくないです。

人は年齢が高くなるほど新しい仕事に慣れるまで時間がかる傾向があるので、イメージのギャップというのは出来るだけ無くした方がいいです。

自分に合った仕事なのか?1日だけボランティアで働いてみたり、見学できる介護施設があれば行ってみる価値はあるでしょう。

介護職の待遇面など、もっと踏み込んだ内容を知りたい場合は、介護転職サイトに登録する事をお勧めします。

現在の介護職の相場を知る事ができますし、ほとんどのサイトで、介護業界に詳しいコンサルタントに悩みや疑問を相談することもできます。

何度もできない転職なので情報収集をしっかりし、自分のイメージと現実を照らし合わせてみましょう。

40代からは資格や経験を売りにする

別の職種でもそうですが、40代の転職では即戦力を求められる場合が多く、未経験から就職となると難しい部分があります。

施設によっては正社員として働ける場合もありますが、面接で落とされる人がほとんどでしょう。

なので未経験で就職する際は、初めは割り切って待遇面などは気にせずアルバイトや契約社員として(数ヶ月でも)働き、まずは経験を積むことを優先したほうがいいでしょう。

又、資格取得も重要です。

そもそも知識が無ければ即戦力として働く事もできません。

最低でも介護職員初任者研修(ヘルパー2級)の取得は鉄則です。

資格取得や経験を積みながら就職活動をし、雇う側に即戦力になる人材」「長く働ける人材」だとアピールする事が大切です。

自分の健康や身体のケアも心がける

介護職は基本体力仕事なので、自分の健康も心がけることも大切です。

個人差はありますが、若い頃は難なくこなせていけても、年齢を重ねるにつれて体に無理が利かなくなるものです。

特に介護職は腰に負担のかかる仕事なので、腰痛持ちの方はケアする知識や、腰痛と上手く付き合っていく方法を考え確立しましょう。

まずは少しでも行動を

40代で介護職への転職は難しく大変な面もあります。

しかし、それが望んでいる道なら、介護求人サイトを見たり資格の勉強をしたり、今できる事からやってみましょう。

転職するか迷っている人もいると思いますが、その場合も同じです。

少しでも行動することで進む道がはっきりするかもしれません。

スポンサーリンク

転職サイト、介護

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加