転職した施設がハローワークの求人時と実際の労働条件が違って辞めたい。

就職が決まって、新たに施設で働く事になったのはいいけど、求人時の労働条件と実際の労働条件が違う!ってことあなたは経験したことがありますか?

よくハローワークを使って転職した際のトラブルで聞くことが多いフレーズです。

ハローワークのブラック

人間関係は入社してみないと分からないので、悪くても ある程度は仕方ないとは思いますが、働く条件として提出されてた内容が違うと、どうしても怒りと悲しさがこみ上げてきてしまいます。

介護職に限らず、そのようなケースがあると思いますが、いったいどのような労働条件の違いがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

求人と労働条件が違う!休みの日数や、給料の金額

例えば休みが毎週 週休2日で、たまに休日出勤有りという条件の求人。

でも実際入社したら、休みが月4〜5日しかない施設だったって事もあります。

従業員の人手不足を解消するため、求人で週休2日と思わせながら、元々出勤しなければならない日を、休日出勤としてごまかしているケースです。

その他に基本給が17万円という条件だったのに、実際の基本給は15万円で、残りの2万円は25時間分の残業手当分だったというような場合もあります。

求人の労働条件であれば、月に25時間残業したとして基本給と残業代で19万円も貰えるはずなのに、その月に実際受け取れる基本給は17万円のままです。

このように基本給をわざと分かりずらくして、求人をしやすくする詐欺まがいな手口などもあります。

企業側の人手不足を解消するための苦肉の策

そもそも、なぜそんな詐欺まがいな求人を出すのか?

企業側は人手不足を早く解消することが目的で、労働条件の見栄えを少しでも良くし、求人をしやすくしたいからです。

反発して辞める人もいると思いますが、それでも頑張ろうと働く人を求めているのでしょう。

ハローワークも求人のトラブルに対しては、「あくまでも求人内容は目安」という考えで、求人内容の確認も企業側に全て任せている状態です。

全ての企業の求人が詐欺まがいではないと思いますが、残念ながら求人内容を目安として見たくても、全く目安として見れない求人があるのも事実です。

あなたの選択は他にもある!ハローワーク以外の求人情報

もし入社して労働条件の違いから辞めたいと思ってるなら、結論から言うと今の施設を続けるか、退職するかでしょう。

退職するのは大きな決断ですが、現在介護職は売り手市場です。

同業種であれば、異業種と比べて再就職も難しくはないでしょう。

しかしまた同じような労働条件のトラブルになってしまわないか?不安になるのも問題です。

一般的に求人情報といえばハローワークや求人誌だと思いますが、他にネットでの求人もあります。

国が運営してるハローワークとは違い、ネットの求人サイトは民間企業が運営してます。

民間企業なので求人などのトラブルは、会社の信用にも関わる事になるので急速に改善されたり、求人内容も実際の業務と違わないか厳しいチェックがされてます。

個人的にはハローワークよりかは信用できる情報があるのではないかと思います。

退職する前に、数サイト登録して情報収集するのも良いかもしれません。

スポンサーリンク

転職サイト、介護

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加