介護現場での陰湿ないじめで辞めたい。

介護現場のイジメ

自分だけにきつい業務を回されたり、いつも挨拶しても無視される。

理不尽な理由で怒鳴られたり、怒られる。

そんな経験あなたはありますか?

介護職員のいじめ、いわゆる「大人のいじめ」は社会問題にもなっています。

現在も、介護職場でのいじめに苦しみ悩んでいる人は多いです。

参考:介護職での「いじめ」現場の声をまとめてみました。

介護現場でこういったいじめが起きやすい理由に、女性中心の職場環境ということが告げられます。

比較的 女性は集団で群れたり、協調性を大切にすることが多いです。

ですが協調性を大切にするがゆえ、一旦その集団から離れたり違うことをすると、仲間外れにされたり陰口を言われることがあります。

全ての女性や職場がそうではないすが、女性が占める割合が多い職場ほど、陰口などを言われる陰湿ないじめが起きやすいのも事実です。

スポンサーリンク

人の捉え方によっては、「指導」が「いじめ」になる事も

フロアリーダーなどマネジメントや管理する側の人は、責任感が強い人が多いです。

人の上に立つ立場なので、そのような人が適任でもありますが、つい強い口調で注意してしまったり、早く仕事を覚え成長してほしいがために きつく言ってしまうことがあるようです。

その為 人によっては、「期待されてる」と思う人もいれば、それを「いじめ」として捉える人もいます。

しかし中には、職場での立場を利用し、わざと強い口調で罵倒して精神的に追い込みむ人もいます。

そんな人は上司になる資格もないと思いますが、「いじめ」と「厳しい指導」は紙一重な部分があるので難しい問題です。

いじめ対策・解決する方法はないの?

しかし明らかに「いじめ」と感じるのであれば、上司や施設長に相談してみたり、派遣ならば派遣元に相談してみましょう。

いじめる人とあまり関わらない業務やフロアに移動してもらったり、派遣元から会社に注意してもらう事もできるかもしれません。

そして自分からいじめを受けないような工夫も、できる範囲でやってみましょう。

いじめの対象になりやすい、大人しい・言い返せない・弱いというイメージを持たれないように、堂々と振る舞ったり、

ほかにも、尊敬してる上司と仲良くなる事でいじめを受けにくくなるかもしれません。

いじめで辛いなら逃げても良い。それは賢い生き方

しかし、そのような対策も一定の効果はあるかもしれませんが、相手は大人なので根本的な解決は難しいでしょう。

「いじめ」というのは、「何か対策をしたら解決する」というように、単純な問題ではないのです。

もし心が苦しく とても辛くなったら、いじめを解決する手段の一つとして、今いる施設を辞め別の施設に転職することも考えだほうがいいでしょう。

参考:どの介護求人・転職サイトが良いの?特徴の比較をオススメ順にご紹介!

イジメを受けていたら、とにかくどんな手段を使ってでもイジメを回避すべきです。

それは決して恥ずかしい事でもなく、自分を責めてはいけません、賢い生き方だと私は思います。

職員の人間関係によって、働く環境は大きく変わります。

「よし!今日も頑張ろう」と前向きに働けるよう、少しでも前へ行動してみましょう。

スポンサーリンク

転職サイト、介護

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加