介護福祉士

介護福祉士

介護福祉士は、1987年に制定された介護業界唯一の国家資格です。

主な業務は、利用者の身体介護はもちろん、その家族に対して介護に関する指導や助言など、介護職員初任者研修修了者実務者研修修了者が行う業務とあまり違いはありません。

しかし、介護福祉士は現場で働く介護職の中で より専門的な能力を有する者として位置付けられてるので、リーダーとして介護職員一人一人の業務管理をしたり、新人介護士への指導を行ったりと、職場のマネジメントを行う事もあるでしょう。

介護福祉士の資格は介護業界でキャリアアップする為には欠かせない資格です。

もしあなたが介護業界で働き続け、昇給、昇進したいと考えてるなら必ず必要になる資格になるでしょう。(資格を取得してるということは介護士の専門家という証明にもなるので、介護業界の転職ではかなり有利です)

スポンサーリンク

介護福祉士を取得するには受験資格が必要

介護福祉士はすぐに取得できる資格ではありません。

取得するには受験資格を得て、介護福祉士の国家試験に合格する必要があるからです。

なので、まずは受験資格を得ることから考えなければなりませんが、受験資格を得るには2通りのルートがあります。

介護福祉士の取得方法

1つ目のルートは、介護福祉士を育成する大学・短大・専門学校で学び卒業すること。

一定の単位を取り卒業すれば、受験資格を取得できますが、学校へ入学し卒業するまでに数百万のお金や時間が必要になります

2つ目のルートは、介護現場で3年間 実務経験を積みながら(実務者研修の受講も経て)受験資格を得る事で、働きながら資格取得を目指すことになります。

社会人になって介護福祉士を目指すほとんどの方が、2つ目のルートを利用してキャリアアップを目指しています。

介護福祉士の国家試験対策は、独学で勉強する方もいますが、ユーキャンなどの通信講座で効率良く試験対策をしてる方もいます。

介護福祉士を取得したら給料はどれぐらい変わるの?

一般的に介護福祉士を取得すると、基本給の他に資格手当が支給されます。

介護福祉士の資格手当は、実際のところ介護施設や勤続年数よって大きく差がありますが、介護職員初任者研修の資格手当を比べて全国平均で24000円の差があります。

介護福祉士の資格は取得するのに、お金や時間を費やさなければいけませんが、その分資格手当として確実に評価されます。

国家資格なので利用者やその家族からの信用度も高く、介護士としての価値も高める事ができるので、介護職で働く人は必ず目指してほしい資格となります。

スポンサーリンク

転職サイト、介護

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加