介護の基本を学べる介護職員初任者研修

介護職員初任者研修

現在 ホームヘルパー2級研修が廃止となり、2013年4月から介護職員初任者研修という資格に変わっています。

介護職員初任者研修を受講しての感想

今までのホームヘルパー2級と同じく、介護事業で働いてる方、これから介護職で働こうとする方などが対象となっています。

介護職員初任者研修は、これから介護職で働こうと考えてる方の入門の資格となっています。

未経験からの就職に有利なだけではなく、介護者に対して、正しい知識や技術で介護サービスを提供することができます。

10の研修科目があり、研修時間数は130時間となってます。

1 職務の理解 6時間
2 介護における尊厳の保持・自立支援 9時間
3 介護の基本 6時間
4 介護・福祉サービスの理解と医療との連携 9時間
5 介護におけるコミュニケーション技術 6時間
6 老化の理解 6時間
7 認知症の理解 6時間
8 障害の理解 3時間
9 こころとからだのしくみと生活支援技術 75時間
10 振り返り

スポンサーリンク

介護職員初任者研修は、働きながらでも取得は可能?通信講座とかはあるの?

働きながらでも介護職員初任者研修を取得してる人は多いです。

しかし、取得するには厚生労働省が定めた実技カリキュラムがあるので、講座を受けられるスクールを見つけ通学する必要があります。

よくユーキャンなどの通信講座だけで取得できないのか?という人もいますが、全国どこを探しても通信講座のみで取得できる所はないです。

必ず通学する必要があります。

まず講座料の相場を確認するために無料資料請求

介護職員初任者研修

講座料は各スクールによって値段が異なり、小さなスクールだと5万円代から、大手のスクールだと15万円台にもなる場合があるので、まずは全国の実務者研修講座の料金を一覧比較できるケア資格ナビで確認してみましょう。

お住まいの地域を選択するだけで、簡単にスクールの一覧が表示されます。

ケア資格ナビ

スクールの中には働きながら通学する人のために土日講座を受講できる所もあるので安心です。

もらいたい資料があればチェックを入れ、お届け先を入力すれば完了。あっという間です。

資料は即日発送され3〜4日後には手元に届きます。

ケア資格ナビ・無料資料請求

無料の資料請求なので、まずは情報でけでも把握したい人にもお勧めだと思います。

実際に働く上で介護職員初任者研修の資格は本当に必要なのか?

まず介護職は基本的に無資格でも働けます。

しかし、どうにかなると思って実際やってみると上手くいかない事が多いのが介護の世界です。

移動の際や入浴介助の時に、「知識はないけどどうにかなる」と、そのような意識で業務をして、もし事故が起きた場合に傷つくのは介護者なのです。

この介護の際はどんな事故が起きやすいか?介護職員初任者研修では事故を未然に防ぐ知識も学べるので重要だと言えます。

他にも、未経験だけど介護の知識があれば何とか業務をこなしていけますが、何も知識が無い場合だと、上司の指示や指導が無ければ何も動けない場合が多いです。

事前に介護の知識があるのと無いのでは、働きやすさも大きく変わります。

比較的に資格を持ってる人の方が就職後の成長は早く、仕事のやり甲斐もすぐ感じる事ができるでしょう。

スポンサーリンク

転職サイト、介護

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加