看護師と上手く連携できずにツライ。円滑な関係を作るには?

看護師が常駐して、24時間介護が受けられる特別養護老人ホームや有料老人ホームなどがありますが、その看護師が介護士に対して、上から目線で指示したり高圧的な態度をとるケースがあるようです

看護師

全ての看護師がそうではないですが、こんな指示や命令をされたら正直イラっとしますし、その為に私たちは介護職に就職したのではありません。

実際 立場関係の違いや、責任、考え方の違いもありますが、もしそんな状況が続けば精神的にまいってしまい、耐えられず介護職を辞めていく人もいます。

確かに看護師でないとできない仕事もありますが、介護士として専門の仕事やプライドも、もちろんあります。

介護士と看護師の立場関係の悩みを上手く解決するにはどうすればいいのでしょうか。

スポンサーリンク

介護士より看護師の方が立場が上という間違ったイメージ

介護福祉士より看護師の資格を持っている人の方が偉いと思ってる人が多いようです。

雇い主や勤務年数の長い人なら分からなくもないですが、元々の土俵が違うのに上下関係を決めてしまうのはおかしな話です

なぜ看護師の方が立場が上というイメージがあるのでしょうか?

その理由として看護師は給料が高く、子供の憧れ、人気の仕事というイメージがある一方、介護士の場合、給料は看護師より低く、きつい・汚いなどのイメージが強く、人気もそれほどありません。

そのようなイメージから、人気の仕事=看護師は偉いという間違った解釈をしている人が多くいますが、決してそうではないです。

そもそも対等な立場というより、介護士と看護師は似てるようで、技術や知識など役割自体全く違います。

利用者様へ思うような医療行為ができないことに対して、コンプレックスを持つ介護士もいますが人それぞれ役割があります

介護士でしか出来ないことを、そして看護師でしか出来ないことも理解し、役割を果たす事が大切なのです。

介護のプロとして役割を果たし、看護の知識も高め理解し合う事が大切

看護師に対して劣等感を抱いてしまうのは、介護士だったら一度は有るのではないでしょうか。

しかし、介護士でしか出来ないことも沢山あります。

看護師は医療面では強いと思いますが、高齢の利用者の心に寄り添ったケアができるという人は意外と少ないです。

逆に利用者に寄り添い、毎日笑顔で元気よく過ごせるように務めるのが、私たち介護士の務めなのです。

介護士のプロとして、しっかりとした知識や経験、それに看護師が日々どのような仕事をしているのか?医療面の知識も少しでも高めていけば、看護師からの高圧的な態度や、見下されることも少なくなると思います。

劣等感を持たず、自信を持って仕事をしていいと思います。

プロの介護士としての自覚を持ち、日々経験や知識を高めていけば、結果的に看護師との円滑な関係作りに繋がっていきます。

スポンサーリンク

転職サイト、介護

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加