ハートネットTV・女優として、介護士として歩む北原佐和子さんから感じたこと

介護

2017年5月、ハートネットTVという番組で女優として介護士として二足の草鞋を履く北原佐和子さんのドキュメントが放送されてました。

北原佐和子さんは1982年にアイドルとしてデビュー。

トップアイドルとして活躍後 女優へ転身し、昼ドラの「牡丹と薔薇」や連続テレビ小説「だんだん」にも出演した実績があります。

その後介護士として歩むことにもなりますが、その異色な経緯も紹介されてました。

スポンサーリンク

介護職を始めたきっかけ

北原佐和子さんの介護職歴は、なんと10年!!

その間に介護福祉士やケアマネジャーの資格を取得し、現在は週3日デイサービスに勤務しています。

資格の勉強は仕事が終わったあとに眠くなるまでしてたそうで努力家ですね。

そんな北原佐和子さんにも介護の仕事に興味がありながら、なかなかその一歩が踏み出せなかった日々があったそうです。

雨での出来事

そんなある日、雨の中 体が不自由な男性を手助けした際に、その男性が通勤に苦労しながらも一生懸命働いてることを聞き、

すごくたくましい!と感動したと同時に 自分が今悩んでることの小さも感じ、介護士として働く決意をしたそうです。

北原佐和子さんは子供の頃、困っているお年寄りを助けたいけど勇気がなくて行動できなかったエピソードも話してましたが、

やはり根本的な理由は「誰かの役に立ちたい」「助けたい」という思いからきてるのかなと感じます。

介護現場で得た利用者とのコミュニケーションスキル

北原佐和子さんは2007年43歳の時にホームヘルパー二級の資格を取得し、介護士としてのキャリアをスタートしています。

しかし初めは利用者と何を話したらいいか分からず、施設でただ立ち尽くしていたそうです。

介護職で働く上で最初にぶつかる試練ですね。

しかし、様々な後試行錯誤を繰り返し、今では利用者と上手くコミュニケーションを取れるようになってますが、彼女が一番大切にしてることが笑顔や声、明るく接することでした。

本人も笑顔は介護の技術の一つと言っています。

興味がありそうな話題を用意したり、声のかけ方一つで利用者の反応がかわるそうで、

男性利用者を散歩に連れ出す際には「今日は天気いいですね〜。デートしませんか?!」と型にはまらない会話を意識してるそうです。

利用者と介護側としてではなく、人と人が接するような北原佐和子さんの言葉はどこか魅力的でした

あの笑顔と弾んだ声で話しかけられると介護者だけでなく、誰でも答えてしまうような気がします。

利用者の笑顔に触れる喜び

介護を始める前、まだ女優業だけをしてた頃は仕事の忙しさに大きな波があったそうです。

ある時はとても忙しくなったり、またある時はピタッと仕事がない日が続く。

仕事がない時は社会から取り残されてるような感覚になり、女優業だけでは埋めれない心の穴があったそうです。

そして、そんな心の穴を埋めることができたのが介護職でした。

利用者の笑顔に触れることが出来ることに、自分の喜びや、やり甲斐、自分の居場所はここなんだと感じれると北原佐和子さんは語っています。

介護職には大変な面もあると思いますし、本人もいろんな経験をしてきたと思います。

今回の放送ではそのような部分が省かれ、良い部分だけを映し出してるようにも感じましたが、彼女のような働く姿勢は学ぶことが多いにあると感じました。

スポンサーリンク

転職サイト、介護

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加