高齢者の急な発熱・高熱がでた場合の対応。

体温調節がうまくいかず熱が上がることは高齢者の場合よくあります。

高齢者の発熱は、感染症の場合 肺炎に進行していたり、尿路感染症であったりする事がよくあるので、普段から体温に注意し顔色や動作にも気を配る必要があります。

スポンサーリンク

発熱を発見するポイント

介護発熱

高齢者の中には、自身の症状がわからない人や、うまく伝えられない人もいるので介護職員が気づく事も大切です。

発熱がある場合、発熱を伴う症状があります。

喉の痛み、鼻水、咳、下痢、排尿痛、腰痛、関節痛、頭痛、意識障害などが発熱とともに現れやすい症状です。

顔色や動作に注意し、少しでも変化に気付いたら熱を測ると良いでしょう。

体を冷やす・クーリング

急に高熱が出た時は、まず快適な温室の部屋に寝かせ、かけ物や衣類を薄くし冷やしましょう。

もし39〜40℃の高熱の場合、何らかの異常が体に起こっていると考えられます。

寒気がなければビニールに水と氷を入れて、頭、脇の下、鼠蹊部を冷やす3点クーリングを行います。(脇の下だけでも効果はあるので、冷やすヶ所は相手の状態によって変えましょう)

3点クーリング
↑上記のイラストは分かりやすくしたものなので、衣服を脱ぐ必要はありません。

その際に直接当てたら凍傷の恐れがあるので、必ずタオル等でくるんで使用しましょう。

場合によっては救急車を呼ぶ(119番へ通報)

嘔吐して食事が全くとれない、腹痛がある、呼吸が苦しそうといった時は、すぐ救急車を呼びましょう。

嘔吐や腹痛の場合は急性腸炎や食中毒、せきやむせることがあれば気管支炎か肺炎が考えられます。

発熱の原因となる病気は他にもあり、重大な病気が隠れてる事もあるので、素早い対処を心がけましょう。

  • 細菌・ウイルス感染によるかぜ
  • インフルエンザ
  • 肺炎
  • 肺結核
  • 悪性腫瘍
  • 脳脊髄膜炎
  • 腎盂腎炎
  • 膀胱炎
  • 急性腸炎
  • 食中毒など

そもそも発熱が見られた際、施設に常駐してる医師や看護師さんがいれば、対応を仰げばいいかもしれませんが素早い対処をするには介護士も対処方法を把握しておく必要があります。

そして発熱を早く発見することも重要です。

日頃から相手をよく観察し適切に対応できるように心がけましょう。

スポンサーリンク

転職サイト、介護

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加