介護未経験が採用される履歴書・志望動機の書き方と例文

介護職未経験

あなたは今、未経験から介護職にチャレンジしようとお考えでしょうか?

超高齢社会を迎えている現在、介護職のニーズは高く、未経験者の募集も積極的に行っている施設も多いです。

しかし介護職未経験で就職活動する際に、どこをどのような方法でアピールしたらいいか悩む事もあると思います。

今回、未経験からの就職をお考えになるにあたって、志望動機の書き方や例文を紹介するので、参考にしてもらえたら幸いです。

スポンサーリンク

採用側は職務経歴や志望動機を重要視している

採用業務担当者300人を対象にした、あるアンケート調査では、履歴書などの応募書類で最も重要視してる部分として、職務経歴が30%、志望動機が20%という結果が出ています。

約半数の採用担当者が、今までの経験を生かして活躍してくれる人なのか?熱意や意欲を持って働いてくれるのか?という所を重要視しているようです。

その為、今までの経験を生かして何が出来るのか?働いたら何をしたいのか?を、しっかり志望動機で説明できるかが採用に一歩近づけるポイントになります。

介護未経験者は志望動機の欄が大きい履歴書がオススメ

履歴書

介護職への就職は資格なども重要ですが、介護未経験の場合は、資格よりも志望動機を採用側は重要視しています。

履歴書には様々な種類があるので、志望動機を記入する欄が大きい履歴書を選んだほうが採用側によりアピールでき、印象に残りやすくなります。

未経験で現在資格を持ってない人も、履歴書のマイナスポイントでもある資格欄の空欄を目立たなくする事もできるので、どのような履歴書があるのか一度調べてみましょう。

履歴書で説明できなかったアピールポイントを職務経歴書で補う

現在、就職活動で注目されてる職務経歴書ですが、まだまだ知らない人が多いです。

職務経歴書は、過去に従事した職務や内容、経験を具体的に記載し、本人の職歴として時系列でまとめた書面のことです。

時として履歴書の補完的に使用する人もいます。

今まで履歴書に務めてきた会社名しか記載しなかった部分を掘り下げる事で、履歴書のみでは分からなかった応募者の能力や人間性をアピールすることができるので、一度作成してみましょう。

介護職未経験の場合・志望動機の例文

介護職未経験の人は、今後資格などを取得したりなど向上心がある事や、介護職に適性だというのをアピールしましょう。

例えば「高齢者と接するのが好き」「人の役に立つ仕事」「接客業で得たコミュニケーション能力を活かして」「将来は介護福祉士の資格取得に挑戦したい」など。

介護職未経験者 例文1

祖母の病気をきっかけに、介護職の仕事に関わりたいと思うようになりました。

御社のホームページを拝見し、介護環境の整備に力を入れてる所や、施設の運営を通して社会に貢献している御社に魅力を感じ、求人に応募しました。

介護業界は未経験ですが、前職の事務職で協調性を大切にし、職員同士 協力しあって業務をこなしていった経験を生かし、御社で働きたいと思っています。

介護職未経験者 例文2

前職はアパレルの接客業をしていました。

人を喜ばせる事が好きで、人と深く関わり、人の役に立てる介護職に魅力を感じ、今回貴社に応募しました。

働きながら資格取得の勉強もし、1日も早く貴社に、そして社会に貢献したいと感じています。

介護職未経験者 例文3

私は以前から介護職に興味があり、大学に行きながら介護職員初任者研修を取得しました。

母と一緒に祖父を介護した経験があり、介護の大変さを見にしみて知ったと同時に、介護職の重要性も知りました。

大きな介護施設の貴社で様々な経験を積んで、介護が必要な多くの人の力になりたいと感じ、求人に志望しました。

スポンサーリンク

転職サイト、介護

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加