介護職で年収300万円以上の収入を得ることはできるのか?

介護職平均年収

介護職員の平均年収は約300万円と、他の職種と比べて低く、実際年収が低いことが原因で辞めていく人が多いです。

しかし中には500万や600万と高い年収を受け取っている人もいますし、それ程珍しい事でもありません。

平均年収約300万円はあくまでも平均なので、それ以上の年収を受け取っている人も確実にいるのです。

では介護職員同士のどこで年収の差が出来るのでしょうか?

その原因を大きく2つに分けると、介護士として働いてきた経験年数と、勤めている介護施設(企業)の運営方法や規模の違いになります。

スポンサーリンク

介護士として働いてきた経験年数

介護士としてキャリアを築いている人の多くは、中途採用として20代後半〜30代から働き始めている方が多いです。

介護職をはじめ基本的に福祉系の仕事は、他の業界の仕事を活かしにくい面がある為、中途採用のほとんどは新卒などの低い給料ベースからのスタートとなります。

その影響もあり、平均年収も他の業界よりも低い傾向があります。

しかし介護職を20代前半からコツコツと働いてきた方で、30代後半から介護主任などの役職を任された場合、年収500万〜600万もいく方もいます。

もちろん地域差や施設の規模などによって年収も変わりますが、介護職の働き手は中途採用で未経験の方が圧倒的に多い為、年収が低いと思われる原因にもなっています。

勤めている介護施設(企業)の運営方法や規模の違い

上記のように長く介護職員として働いてきた人でも、介護施設の規模やブラック企業だったなどの理由で年収が低い方がいます。

これは介護業界だけの問題でもなく、すべての業界でも存在する問題でもあります。

本来、運営が上手くいってる介護施設で長年働き、信頼を勝ち取りながらステップアップしていけば年収は上がっていくはずです。

しかし運営が上手くいってない施設のやブラック企業で働いていても、残念ながら思ったように年収は上がりませんし、施設側も給料を増やしたくても増やすことができない現状があります。

年収が上がらない、資格手当が支給されない、残業代が出ない、といった職場で現在働いているなら、より待遇が良い介護施設の転職も考えなければ年収を上げるのは難しいでしょう。

介護施設の転職を考えてるなら

現在働いている施設に待遇など不満を感じてるなら、介護転職サイトなどを使って他の介護施設の待遇などを定期的に比較する事をお勧めします。

今後転職するにしても、事前に待遇の相場を把握する事も大切ですし、今の施設でキャリアに見合った待遇を受けているのか?確認する事もできます。

現在働いてる施設がブラック企業の場合、転職後 給料が上がるケースも多いので、まずは他の施設の情報を把握する事から始めましょう。

スポンサーリンク

転職サイト、介護

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加