レクリエーション介護士2級

レクリエーション介護士2級

レクってどんな事をすればいいの?介護者にどんなレクをすれば喜んでもらえるのか?など、介護職に就いたのはいいけどレクリエーションに困ったことがある方は多いのではないでしょうか。

そんな悩みのニーズに対応するため、2014年9月にレクリエーション介護士2級という資格が誕生しました。

レクリエーション介護士2級は、介護や高齢者に対する基礎知識や、介護レクリエーションを企画・提案・実施など、今まで個人のセンス次第だったノウハウを資格にしたものです。

その他にも高齢者とのコミュニケーションも学べるので、介護現場で働いている方だけでなく、家族を介護している一般家庭レベルでも役立つ資格だと思います。

スポンサーリンク

レクリエーション介護士2級は誰でも受験できる

2級はレクリエーション介護士の取得を目指す方を対象としており、経験・年齢・資格は不問。

そのため、現在 介護関係の仕事をしようと考えてる方や、実際の介護現場を知らない方でも取得できます。

ユーキャンなど協会指定の通信講座を受講するか、大学や専門学校が提供している通学認定講座を受講し、検定試験に合格することで取得できます。

レクリエーション介護士2級の現状

誰でも受験可能な資格のため、就職の際、実務経験者がほしい施設の場合は、レクリエーション介護士2級だけでは採用されにくい現状があります。

例えば国家資格の介護福祉士は、介護の全体的な知識が必要になるので3年以上の実務経験がないと受験資格さえも得られません。

取得するのに条件は厳しいですが、その分様々な介護施設への転職に有利になり、マネージャーや責任者として幅広く働く事ができます。

介護職で働くには、何らかの資格が必要といいますが、レクリエーション介護士2級は、どちらかというとプラスアルファの資格と考えたほうかいいでしょう。

現在、まだ新しく誕生したばかりの資格というのもあり、この資格を評価する施設は少ないです。

しかし、超高齢化社会になりつつある今、高齢者の娯楽でもあるレクリエーションという分野は今後重要になってきます。

レクリエーション介護士のコンセプトが、もっと介護業界で普及すれば、介護職で必ずと言っていいほど優位にたてる資格に化けると見られます。

スポンサーリンク

転職サイト、介護

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加