特養勤務の私が年に100万円貯金する為に実践してること

節約

特養介護施設で働いてるカズヤです。

突然ですが現在、介護職の収入で不安になったり困ったりしてませんか?

私も収入がそんなに多くない中、とても不安だった日々がありました。

特に将来の為に貯金をしづらい事が一番の不安というか不満でしたね。

私だって将来、結婚式を挙げたり、家庭を築いたり、マイホームも建てたい。

なので貯金というのがとても重要になりますが、職場の給料アップは期待できないのも事実。

その為、私は貯金の為に無駄遣いしない事はもちろん、それ以外の日常生活も工夫して、年100万を貯金する事が出来てます。

今回、貯金の為に日常生活で工夫してること4つを紹介しますが、貯金を少しでも増やしたい人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

飲み物をコンビニや自動販売機で買わない!お茶を入れた水筒を活用

水筒

日常の送迎業務や夜勤などで、ついついコンビニや自動販売機の飲み物を買ってしまいますが、意外とそこにお金が流れてしまってるんです。

普段なら勤務中と帰宅中に販売機の飲み物を買ってましたが、一本130円を2本だと、毎日260円の出費。

仕事が月に23日出勤だとすると5980円のも金額になります。

なので、少しもったいないと思う私は麦茶やお茶が入った水筒を持ち歩いてます。

出費はお茶パック代の300円ぐらい。

あとコンビニとかでは、余計なお菓子や糖分の高いジュースを買ってしまったりしてたけど、そういうのも無くなりました。

おかげで体重も8キロ落ちたし、お茶パック代を差し引いても月に5680円節約できます。

夕ご飯は出来るだけ自炊する

自炊

介護の仕事を終えた後は疲れてて何もしたくない!そう思う人も多いと思いますが、私もそうでした。

何もしたくないから、夕ご飯も外食で済ませてしまうことも多かったです。

当時は食費だけで月に3万以上は使ってたと思います。

でも節約をするにはそこも削らないといけません。

そこで私の場合は、夕ご飯は出来るだけ自炊する事を心がけてます。

でも毎日自炊するのは大変なので、休みの日に5日分ぐらいを作り置き。

レンジでチンしたらすぐ食べれるのがベストなんで、大量に作ってクックパッドとかで小分けにして冷凍保存したりすると便利です。

以前の食費は30000円してましたが、今はだいたい12000円ぐらいに抑えられてます。

夕ご飯を大量に作るのに半日も費やしてしまう日もあったりと、デメリットもあるんで合う合わないがあると思いますが、節約の効果は大きいと思います。

格安SIMのスマホにして固定費を抑える。

格安SIM

私はauのスマホを利用して毎月8000円も支払ってました。

しかし雑誌で格安SIMというのを知り、今ではスマホ代を半分以下に抑えることができてます。

現在の月々のスマホ代はなんと1600円。

IIJmioという格安SIMを利用してます。

IIJmioは、docomoやauと同じ電波を提供してるので、格安SIMに変えても今まで通りの電波速度のサービスを受けれるのは嬉しいです。

個人的に電波が繋がりにくいトラブルも今の所ないし満足してます

契約するキャリアを変えるだけで、毎月のスマホ代が約6000円も節約できるのは嬉しいですね。

行きたくない飲み会は行かない

飲み会行きたくない

「行きたくない飲み会に行く時間やお金があったら、自分のプライベートや貯金に回したい!」

そんな人もいると思いますが、私も行きたくない飲み会は基本的に行きません。

断ることは少し勇気がいりますが、割り切って自分を通すことも大切。

会社の飲み会やプライベートでも無理して行こうとしてる自分がいたら、一度じっくり考えるようにしてます。

そこに尊敬できる人や、仲良くやってきたい人がいれば行く場合もありますが、自分が楽しめない飲み会は単純にお金を無駄遣いしてると思ってます。

私の場合、一度の飲み会で使う金額はおよそ5000円。

飲み会以外にも、タクシー代や車の代行代などの出費を考えると、もっと払ってると思います。

飲み会をセーブすることで、ある程度まとまった金額を節約できます。

スポンサーリンク

転職サイト、介護

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加