介護職に就いてる事が恥ずかしい。社会的な地位の低さを解決するには?

介護職の社会的地位

介護職で働いていると様々な悩みを抱える事がありますが、その悩みの一つに介護職の社会的な地位の低さを感じている人が多いようです。

一般的な介護職のイメージも、激務や汚い、給料の安さだったりと、マイナス面を連想する人も実際います。

介護は将来 誰もが必要となるものなのに、とても悲しく感じますが、なぜ介護は社会的な地位の低さを感じるのでしょいか?

スポンサーリンク

もともと介護は家族がするのが当たり前だった。

社会的な地位の低さを感じる原因の一つとして、介護は誰もができる仕事というイメージがあります。(実際は誰でもできるというわけではないですが)

なぜこんなイメージがついてしまったのか?というと、介護は家族が当たり前にやっていた昔の時代背景にあります。

昔は大家族・複合家族というのが一般的で、親子三世代が同じ屋根の下で生活するのが当たり前でした。

今では介護施設というのがありますが、その時代は親が年老いて、介護が必要になったら子や孫が面倒を見ていたのです。

誰もができる仕事というイメージは、そこからきています。

現在の家族スタイルは核家族化し、子や孫がなかなか介護が出来ず、介護施設が必要となる社会に変わりましたが、誰もができる仕事というイメージだけが残ってしまってる状態なのです。

介護職の給料の安さ

もう一つの社会的な地位の低さを感じる原因として、介護職の給料の安さがあります。

介護職の平均年収は300万と、全職種の平均年収400万と比べると、低い水準にあります。

実際この賃金の低さで、介護職を離れていく人は多いです。

しかし、賃金が低いという悩みならば少しでも改善する事ができます。

資格やスキルを磨き、自分の価値を高め、条件の良い別の介護施設に転職するのです。

介護職は施設によって給料の額に格差があるので、施設によっては介護職の平均年収以上の賃金を得る事もできます。

介護職も立派で重要な仕事です。

介護のプロとしての知識・テクニックを身につけて、堂々と仕事をこなしていれば、恥ずかしいことは何もありません。

誇りを持って日々働いている人もいる

介護職に勤めていると恥ずかしいと感じてしまう人がいますが、考え方によっては長く働きたいと思ってる人、中には誇りを持って働いてる人もいます。

いったいどのような理由で、そう思うようになったのか?経験者の声をまとめてみました。

特養勤務 32歳 男性

この世界は誰かのお陰で成り立っているのは事実で、皆んながしたい仕事だけ就いてたらこの世の中は回りません。

介護以外にも、命がけの危険な仕事や、もっと汚い仕事、労働環境の悪い仕事など様々あります。

もらえる賃金の量や、他の仕事に比べたら…など、そんな感覚で比べること自体が、滑稽としか思えないです。

例えば直射日光の中での土木作業と、エアコンの効いたオフィスでの事務仕事と比較して、どっちが大変?、だから?という感じです。

人は、それぞれの仕事にやり甲斐や誇りを持って毎日必死に働いてます。

そこに上下つけるものでもないと思っています。

介護職員 26歳 女性

私も介護職ほど素晴らしい職業はないと思います。

排泄物関連や食事、入浴の介助などきついイメージが先だってしまう仕事内容に対しては、初に就職した施設で納得していました。

確かに入居者や職員同士の人間関係など、ストレスになる事も多くあります。

しかし、この仕事いるからこそ出会える人もいます。

今でも心に残っている最期を看取った利用者様や、同じ老人介護の職員や福祉大学の教授や障害者団体の代表や職員などです。

私は、その人との繋がりがあるからこそ介護職を辞められないですし、介護は素晴らしい仕事と思っています。

中には周りの雑音で恥ずかしいと思う人もいます。

そのように思う気持ちも分からなくはないですが、同時にあなた自身はどう思ってるのか?も考える事も大切です。

仕事をどのように評価するかは自分自身です。

スポンサーリンク

転職サイト、介護

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加