「仕事がとろい!」と言われて辛かった日々は転職を機に変わった

仕事とろい

現在29歳 女性 デイサービスに勤務してます。

学生の頃から好きだった介護。

でも好きと仕事は別物で、実際働いたら「好き」だけではうまくいかない事が多いです。

私もその部類のケースだと思います。

子供の頃からのんびりした性格で、おばあちゃん子だったのもあり、「将来は高齢者のゆったりした生活のサポートができれば」と、介護業界に興味をもっていました。

しかし福祉の専門学校を卒業し、いざデイサービスで働いてみるとかなりのギャップがありました。

当たり前ですが、介護職はゆったりしたイメージとはかけ離れた所です。

次から次へと多くの業務をこなさないといけませんし、人相手なので臨機応変した対応が求められます。

もちろん、そんな環境に私は慣れる事ができず、毎日ミスを連発。

初めは多めに見てくれてた上司も、私のミスの多さにイライラし、呼び出されて怒鳴られるようになってました。

とても怖くて怒鳴られた日の夜は、その声や言葉が自分の頭の中で何度も再生されてたのを覚えています。

その日以降、怒鳴られるのが怖くてビクビクしながら働いてました。

怒鳴られたくないからミスしないように慎重に仕事をする。

しかし、今度は慎重になりすぎて「仕事がとろい!」と言われ頭の中がパニックに。

さらに仕事がでくなくなる悪循環でした。

スポンサーリンク

本当は何かの障害?それとも別の原因がある?

当時ネットをしてるとよくADHD(注意欠陥多動性障害)の広告を見かけました。

「仕事が思うようにできない=ADHDではないですか?」というような広告です。

私に障害なんてある訳がない!でも原因が解れば楽になるかな?

でも知るのが怖い。

そんな事を考えながら、結局何もできずに1日が過ぎたこともあります。

なんで私は仕事ができないんだろう?とても気持ちが苦しく、ずっとモヤモヤが残ります。

自分自身で解決できる余裕も無く、ある日 晩ご飯を食べてる時、母に仕事が上手くできない事を話しました。

今まで「仕事ができない=情けない」と思って親には話してなかったけど、言うとなぜか心が楽になり、落ち着きました。

人の感情は不思議です。

すると母は

「毎日怒られて楽しくないでしょ?自分に合ってないなら辞めちゃえば?介護は資格があればなんとかなるし、ガミガミする人がいなかったら上手くいくかも」

と、ケロッとした答えが返ってきました。

仕事を辞めるという選択肢は今までの私には無かったので衝撃的でした。

じゃあ辞めちゃおう!とはすぐに思わ無かったものの、日が経つごとに「別の環境だったらどう感じるんだろう?」と想像するようになり最終的に2ヶ月後、私はこの施設を退職しました。

退職後は転職サイトなどを使い情報収集。

3週間後にはあっという間にデイサービスへの就職が決まりました。

転職して気づいた私に合った働き方

転職して環境が変わっても、やはりまだミスはあります。

でも、前の職場よりは少なくなりました。

時々注意もされるけど怒鳴る人もいないし落ち着いて仕事ができます。

働く環境が変わるとこんなに働きやすくなるんだ、と実感しました。

とても心が軽くなります。

社会人になるとある程度苦手な人とも関わらないといけないと思いますが、仕事に影響してしまったり毎日悩んでしまうぐらいなら、その職場から離れるのも大切です。

昔の私みたいにビクビクしながら働いてるなら、環境を変えるだけで良い方向へ進むと思います。

スポンサーリンク

転職サイト、介護

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加