介護職の転職で採用される志望動機の書き方と例文

志望動機

転職で介護職に就こうと履歴書を書いてると、志望動機で悩んでしまう場合があります。

志望動機は、自分を魅力的な人材だとアピールできる重要な部分ですが、ちょっとした文章が魅力を損ねる原因にもなるので注意か必要です。

採用側もそこはちゃんとチェックしてます。

どのような文章にすれば好印象を与え、採用したいと思われるのでしょうか?

今回、内定に一歩近づける志望動機の書き方や例文を紹介します。

強みや長所、志望動機をまずは自分の言葉で整理する

「人一倍 頑張ります」「御社の将来性にひかれました」といった使い古された形式的な表現では、採用側の印象に残らないでしょう。

まずは自分の強みや長所、なぜ介護職で働きたいのか、求人先の何に魅力を感じたのか、自分の言葉で整理することが大切です。

自分の言葉でアピールすることで、自然と形式的な文章とは差別化され、目に止まる魅力的な文章を書く事ができます。

自分都合で偏った志望動機は書かない

志望動機は基本 自分都合で偏った(ネガティブに捉えてしまうような)文章は書かないようにするのが鉄則です。

例えば「前職に不満があって退職、転職先として御社を選びました」というような文章は、あまりお勧めできません。

これだと採用側からしたら採用しても、もし嫌な事があればすぐ辞めてしまうんじゃないか?」と不振感を抱いてしまうだけです。

なので志望動機は、ポジティブな表現を(嘘でも)準備しておきましょう。

「前職にはない業務があり、その業務を経験する事で介護士として成長し、御社に貢献したい」というようなニュアンスで答えるのが無難です。

「採用担当者が読んだらどう感じるか?」まで考えながら、言葉を選ぶことが重要です。

「勉強をしたい」などの職場を学校のように捉えるような表現を使わない

よく「この施設で勉強して…」研修制度が充実してるので…」などの表現を使う人がいますが、採用側からしたら「じゃあ学校に行ったら?」と思われる事があります。

介護施設は学校ではありません。

採用側から言わせれば、勉強は帰宅後の家でするもので職場は結果を出す所(利用者に良い介護サービスを提供する)です

もちろん、「働きながら仕事を覚えないといけない」=「勉強したい」という表現として使っている方もいると思いますが、履歴書のような少ない文章だけではなかなか伝わらないものです。

誤解がないように、言葉を掘り下げて具体的に表現することが重要になります。

給料面や待遇は書かない

「給料が良いから御社で働きたいです」や「待遇が他の施設より良いから…」といった事を志望動機に書く人もいます。

給料や待遇は、働く人の生活に関わる事なのでとても重要なのは分かりますが、基本 志望動機には書かない方がいいです。

志望動機に書くと、「正直者だな」と思われるどころか「普通、思ってても書くか?」常識的な部分で不信感を与えてしまいます。

介護職は人相手の仕事なので、常識的な部分(人柄)を重要なポイントとして見ている採用担当者も少なくないです。

スポンサーリンク

志望動機の例文

<志望動機 例文1>

3年間、特養老人ホームで介護職員として勤務した経験が私の強みです。介護度の高い入居者様の介護を経験したことで、重介護の技術を身につけることができました。

過去に接客業の経験もあり、入居者様との会話や触れ合いに、やりがいや喜びを感じます。

今までの経験を生かして一から愚直に努力していきたいと思っています。

<志望動機 例文2>

前職ではデイサービスの介護職員として、利用者様の食事介助や排泄介助などの生活支援全般の業務を担当していました。

今回、貴施設のオープニングスタッフとして働く事でやりがいを感じ、介護士として大きく成長できると感じ志望しました。

<志望動機 例文3>

利用者様の方々が住みなれた場所で豊かに暮らせるようにサポートをする地域型福祉に関わりたいと考えていました。

前職の有料老人ホームでは、利用者様の介護を始め、医療機関との調整、スタッフの管理や指導を担当していました。

ゆくゆくは施設長を目指して、職員の先頭に立って活躍できるよう努力していきたいと思っています。

<志望動機 例文4>

前職では◯◯病院で介護士として7年間働き、看護師と連帯をとることで、コミュニケーションの大切さ、ご利用者に合った介護を丁寧におこなう事の大切さを学びました。

介護をしてる中で、もっと密接した介護サービスに従事したい気持ちが強まり、御社での求人に応募しました。

新人教育や報告書作成などの仕事もしていたので、その経験を生かして御社施設で貢献していきたいと思います。

スポンサーリンク

転職サイト、介護

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加