介護中に利用者が突然倒れた時の対応

いつも元気なおじいさん、おばあさんが突然倒れたら、あなたはどう対応しますか?

介護としてのサポートは出来ても、利用者が急変した時、自分が想像してるよりアタフタしてしまうものです。

施設に勤務してる看護師が対応する場合もありますが、1分1秒が生死を左右する事もあるので、介護士もちゃんと対応できるように把握しておきたいものです。

スポンサーリンク

まずは周りの状況を確認

火の元の近くにいないか、何かが落下してくるような場所にいないかなどを注意。

さらに悪い事態にならないか?そのままでも安全な場所か?を判断する事が重要です。

意識があるかどうかを確認

声をかける際に強くゆすったり、たたいたりしてはいけません。

「もしもし」や「大丈夫ですか」と声をかけ、目を開けたり、手足が動かすなどの反応があれば意識あり、何も反応がなければ意識なしと判断しましょう。

助けを呼ぶ

介護

大声で助けを呼び、近くにいる人に199番へ連絡を頼んで下さい。

意識がない場合はもちろんですが、基本意識があっても119番で救急車を呼びましょう。

気道の確保をして、呼吸と脈があるか確認

舌根は意識がない場合、咽頭に落ち込んで気道を閉塞してしまいます。

気道確保

傷病者を仰向けの状態にして、中指と人差し指でアゴを引き上げ額を後方に反らして気道を確保しましょう。

意識が無く呼吸が出来ない状態で死亡するケースの中でも、気道確保だけで亡くならなくて済む人を増やすことができます。

その後、鼻や口に顔を近づけたり、胸部や腹部の膨らみを見て呼吸をしてるかどうかを確認。

同時に首の動脈を触れ拍動があるかも確認してください。

呼吸の有無

※意識の有無、呼吸の有無、脈の有無は30秒以内に確認しましょう。

もし呼吸と脈がない場合は救急隊かAEDが到着するまで、又は傷病者が動き出すまで人工呼吸(2回)+心臓マッサージ(30回)を繰り返す心肺蘇生法を行いましょう。

勇気を持って対応しよう

もし介護中に目の前で利用者が倒れた場合、その人が生きるか死ぬかは発見者の対応にかかってきます。

ほとんどの人は初めての経験かと思いますが、まずは勇気を持って、助けを呼び、人命救助していきましょう

倒れた人の状態をよく観察し、救急車が到着するまで手当てを行えば、助かる確率も高くなります。

スポンサーリンク

転職サイト、介護

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加