介護の転職失敗事例−失敗しない介護職への転職

介護転職失敗

現在、勤めてる介護施設を辞めて、別の介護施設へ転職するケースが年々増えています。

希望の就職先を見つけて働いてる人もいますが、中には「転職しなきゃよかった!」「もう辞めたい」と後悔してる人もいます。

転職をした介護士がどのような経緯で転職し、どんな失敗があったのでしょうか?

介護職の転職失敗事例をいくつか紹介します。

介護の職業訓練校に通ってました。卒業が近くなり就職の事も考えてる時に、学校が勧めるハローワークの求人に応募する事にしました。

条件面もよく、長く働けそうな施設だったので、内定を頂いた時は嬉しかったです。

しかし内定をもらった後電話で「ハローワークの求人には毎週土日休みと掲載してるけど、土曜日の休みは月1回だけだから」と当たり前のように言われました。

他にも残業代は出るけど17時〜20時までに退社したらサービス残業扱いになるなど、ハローワークの最初の求人とはほど遠い内容になってました。

しかし別の就職先がすぐ決まる年齢でもないので、仕方なくこの条件で働きましたが、やはり働こうというモチベーションがもてず1ヶ月で辞めました。

幸い介護職員初任者研修の資格を取得してたので、別の介護施設へすぐ転職できましたが、あんな施設はこりごりです。

ハローワークを利用して地方の介護施設に就職してましたが、ブラックな面がありました。説明を受けた契約内容には書かれてないのに就業40分前に出勤するのが当たり前で、それを出勤前日に知らされました。

離職者も多く、私が入社する前の2ヶ月で中途社員5名が辞めてるというのも聞きました。

案の定、職員の人数が少ないので時間内で終われないので、毎日2時間の残業がありましす。

その残業代は発生せず、サービス残業として処理されてるのを、入社1ヶ月に知りました。

施設長の上司は時間になったら定時で帰れ!終われない人が悪い!という考えですが、人材不足の影響もあって、どんなに工夫しても定時を過ぎてしまいます。

上司も知ってかしらずか、定時で帰れの一点張りだし、具体的な改善を求めても聞く耳を持ってくれず、やり過ごそうというのが見え見えでした。

結局私も2ヶ月で辞めました。

全く違う業種から、資格を取って介護士になりました。現在、介護士として特別養護老人ホームで働いていますが、今の施設は2つ目です。

1つ目の施設は、まずハローワークの求人情報にホームページが載ってないのを変と思うべきだったと思います。

あとで知ったのですが、小さな法人で理事長のお子さんが施設長をされてる家族経営でした。

別にワンマン経営そのものを否定するつもりはありませんが、独特の価値観をお持ちで特にお金の使い方にものすごくシビアだったのを覚えています。

施設長のプライベートの出費を施設の経費で処理しときながら、私たちには経費削減しろと厳しく言ったり高圧的な態度をとってきます。

残業代が見なし残業として処理されてた日もありましたし、当然のように人員不足で、職員の話題も施設の陰口や上司の陰口ばっかりで働いていても全く楽しくありませんでした。

そこまでするかと何度も思うたびに耐えましたが、ここで働くのは無理だと思い転職しました。

入居者の方は、認知症の方などいろいろな方がいましたが、中には私にすごく良くしてくれた方もいて、辞める際は心苦しい思いもしましたが、このままではこちらの身が持たないと思いました。

実際、働いてみないとわからない事も沢山あります。

人間関係などはどこの職場でも多少の我慢や会わない人と一緒に働いたりはあると思いますが、やはり経営者と考え方が合わないのは致命的だと思います。

その部分だけは、従業員の努力などではどうしようもありませんしね。

スポンサーリンク

ハローワーク経由の転職は失敗しやすい

じつは今回紹介した方は全てハローワーク経緯で就職先を探しています。

中には良い求人もありますが、ハローワークを利用して不便な面があるのも事実です。

  • 介護業界の事を知ってる人が少ないので、アドバイスなど転職サポート力に欠ける。
  • ハローワークの人も言っていたが、給料の金額や休日日数は確実な情報ではない為あやふや。
  • 基本、待遇や職場見学などの交渉をしてくれない。
  • そもそも介護系の求人自体が少ない。

このような事からも、介護の転職では専門の介護転職・求人サイトの利用をおすすめします。

介護転職サイトなら、求人数の多さはもちろん介護業界に詳しい転職エージェントがアドバイスなどサポートしてくれます。

入社してみないと分からない内部情報も教えてくれる場合もありますし、気になる施設があったら職場見学させてもらうことも可能です。

他にも介護職の悩みや不満に繋がりやすい給料や休日などのトラブルも、入社前に担当のエージェントがしっかり確認してくれるので、介護転職サイトを利用するのが望ましいと言えます。

参考:介護転職サイトの「転職エージェント」とは?

転職はあなたの今後の人生を左右する重要なイベントでもあります

だからこそ、しっかりと情報収集し、後悔のない転職をするようにしてください。

スポンサーリンク

転職サイト、介護

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加