特別養護老人ホームってどんな施設?

スポンサーリンク

特別養護老人ホームについて

特養や介護老人福祉施設とも呼ばれます。

特別養老人ホームは、社会福祉法人や地方自治体が運営してる公的な施設となっています

入所型で月に約10万円前後と、比較的安い利用料金の為、重度の介護者や経済的に困っている人などが利用する場合が多いです。

特養介護

特別養護老人ホームで働くのはやっぱり大変?

じつは特別養護老人ホームは誰もがすぐ入所できる訳ではなく、重度の介護が必要な人が優先されます。

その為、寝たきりや認知症を患っている人を介護する事が多く、他の介護施設と比べて仕事量など介護士に対する負担は高くなります。

勤務形態はシフト制を採用してる施設が多く、日勤は早番、中番、遅番で回し、月に数回は夜勤に入るシフトで運営している施設が多いですが、施設によっては日勤専属、夜勤専属と固定してる所もあります。

1日の流れはほとんど介助作業で、朝からオムツ交換、トイレ介助、食事介助、入浴介助など目まぐるしく時間が過ぎていきます。

この介助の仕事量がきついと合わない人もいますが、介護士としての知識やスキルを短期間で身につける事が出来る場所でもあります。

この経験を生かして、他の介護施設に転職する人も多いです。

気になる給料の相場は?

重度の介護者が多く業務的にも大変な特別養護老人ホームですが、給料はそれなりに貰えます。

特に夜勤手当は1回平均5000円支給されるので、その支給で金額がだいぶ変わります。

ある程度介護の経験があり介護福祉士だと、約20万円、施設によっては賞与4ヶ月分などもあるので、給料を目的に就職を考えてる人は良いかもしれません。

スポンサーリンク

転職サイト、介護

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加