介護施設での長時間労働は当たり前。だけど辛くて辞めたいと思ってる人へ

「介護職だから長時間労働は当たり前」と言いつつも、実際は辛くて辞めたいと思ってませんか?

長時間労働

そんな時、さっさと転職して働き方を変える人もいますが、

社会人としての経験が少ない人や、転職したことがない人は、この職場が自分の全てだと思う傾向があり辞めたくても辞められない」という人もいます。

そう思うのは日々 頑張って働いてる証でもあるので、その気持ちも分かります。

しかし過労死が社会問題になっている時代だからこそ、ちゃんと今の現状を考える事も大切だと思います。

スポンサーリンク

働き方の適正は人それぞれ

「〇〇さんは100時間残業してるから、私ももっと残業して働かないと!」と、誰かに合わせて無理してませんか?

協調性という部分では素晴らしいです。

しかし人によって仕事に得意不得意があるように、働き方にも得意不得意があることも覚えておきましょう。

人には個体差があるので、全員が全員同じことはできません。

そこを無視してしまうと、体調を崩して鬱になってしまったり、最悪過労死という可能性だって出てきます。

なので他人に合わせて働くのではなく、自分の心と体の調子を大切にしながら働くことも重要なのです。

あと明確な基準なら1ヶ月の残業時間80時間という過労死ラインがあるので、それを基準に働いてみても良いと思います。

自分の身は自分で守らないといけない

もし長時間労働で体調を崩してしまい、働けない状態になってしまったらどうしますか?

もしかしたら施設側がなんとか自分の面倒を見てくれたり、守ってくれると思ってませんか?

就職する前の労働契約書にそう書いてあるならいいですが、基本そんな契約なんてないですよね。

何かあっても施設側は何も責任は取らないでしょう。

つまり自己責任です。

施設側は、いちいちあなたが大丈夫かなんて考えてくれません。

もし倒れたとしても、気をつけなかったのが悪いと言われて終わりです。

感謝もされません。

なので自分の身は自分で守らないといけません

何かおかしいと思ったら、まずは立ち止まって家族や友人に相談してみましょう。

変えが効かない人

長時間労働をする人の中には「自分が居ないと仕事が回らない」と感じてる人もいます。

しかし、介護施設という組織で運営してる所なら、ある程度 人がいなくても成り立つようになってるものです。(成り立たないと組織の意味がありませんし、もし成り立たなかったらあなたの責任ではなく、経営者の責任です)

誰かがやらなかったら誰かがやります。

やる人が居なければ、従業員を募集して補うでしょう。

キツイ言い方になると思いますが、別の視点で言うと施設側からしたら従業員は変えが効くのです。

しかし、変えが効かないものもあります

それは、あなたが誰かの夫や妻であること。

あなたが誰かの息子であること。

あなたが誰かの友人や恋人であることです。

家族

それだけは絶対に変えが効きません

それは仕事上の立場よりも大切な役割りだと思います。

もしあなたが長時間労働で無理して働いてると感じたら、それだけは思い出して下さい。

スポンサーリンク

転職サイト、介護

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加