夜勤の無い介護施設で働くには?

夜勤のない仕事

介護の仕事をしていて、夜中に辛いと感じる人は少なくありません。

特に女性の場合、夜勤が多い日は生理が遅れたり、体調を崩してしまう人が多く、それが理由で介護職を辞めていく人もいます。

他にも人手不足の為、仮眠無しで夜勤を担当したり、緊急時にちゃんと対応できるか不安で辛い思いをしてる人もいるでしょう。

夜勤があるから、ある程度の給料が貰える面もありますが、辛い思いをしながら働き続けることを良いとは思えません。

なので夜勤が無い介護施設で働きたい人へ、どういう施設が夜勤が無いのか、夜勤の無い介護求人をどのように探せばいいのか紹介していきます

スポンサーリンク

夜勤の無い介護施設は?

夜勤の無い介護施設というと、基本デイサービスやデイケア、訪問介護などがあります。

上記の施設は通所施設になるので、日勤のみの勤務になり、パートや派遣などの募集が多く見られます。

なので夜勤のない勤務形態を選択した場合は、正社員として採用される所は、少なくなる可能性があることも頭に入れておきましょう。

逆に夜勤が多い施設は?

夜勤が多い施設は、特別養護老人ホームやグループホームなどで、24時間介護が必要な方が入所してる所になります。

「夜働くのが辛くて、夜勤の無い施設で働きたい」と思ってる人は、現在こういった施設で働いてるんじゃないでしょうか。

入所型の施設の場合、ほとんどに夜勤があるので、日勤だけ働きたい人は避けることが必要です。

夜勤のない求人を探すには

ハローワークでは夜勤の有無を調べるのが難しいため、専門の介護求人サイトなどに登録して調べることをオススメします

一般では出回ってない情報(住所など)も載ってるので、夜勤無しの求人を探すには最適でしょう。

他にも、介護求人サイトのエージェントに「日勤のみの勤務で、正社員として働けるところをさがしている」と伝えておけば、その条件に合った求人を探してくれます。

毎日忙しい介護士にとっては便利ですね。

利用された方からの評価が良いのがスマイルサポート介護やメゾフィット介護などがあります。

非公開の求人も閲覧できるようになるので、ハローワークよりかは良い求人が見つかるでしょう。

交渉次第では日勤のみで働ける

施設によっては交渉次第で、日勤だけの勤務にする事ができます。

できれば面接や採用時に、日勤のみで働きたいことを確認しておきたいところですが、実際は採用されることを優先して、なかなか聞きにくいです。

しかし、介護転職サイトを利用して求人に応募してれば、コンサルタントが聞きにくい事を代理で確認してもらうこともできます。

相手も人間なので、交渉次第で希望が通る可能性も十分あります。

今の職場で働き続けることが難しいなら、他の施設への転職も考えておきましょう。

スポンサーリンク

転職サイト、介護

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加