辞めづらい介護施設を、引き止められないように辞める方法

介護施設辞めづらい

介護施設を辞めようと考えてるけど、人が少ないと辞めづらくないですか?

勇気を持って退職したい事を言っても、「今辞められたら人も少ないし、この施設が成り立たない」と言って引き止められるのがほとんどでしょう。

辞めたとしても施設は成り立つとは思いますが…

なので介護職は辞めざるおえない理由がないと、どうしても辞めにくいです。

ハッキリと「辛いから辞めます」と言った事を押し通せればいいんですが、残された人たちの事を考えれば、退職するまでの期間、何を言われるか分からないし、もしかしたらイジメを受ける可能性だってあります。

そんな事を考えてると、もっと辞めづらくなってしまいますが、うまく波風を立てないで退職する方法はないのでしょうか?

スポンサーリンク

必ず引き止められてしまう退職理由

退職理由を上司に伝える時に気をつけないといけないのが、会社側で改善できる理由にしない事です。

会社側からしたら、改善する事で貴重な人材を確保できるならそうするでしょう。

「上司との人間関係がうまくいかない」「残業が多くて休みも少ない」「利用者から暴言、暴力を振るわれた」

など辞めたい理由は様々あるかもしれませんが、こういう理由だと「その上司と一度、話し合いをしよう」「別のフロアに移動できるよう上に相談しとく」と言って先延ばしにされてしまうでしょう。

介護施設を辞める際は、施設側では解決できない事を必ず退職理由にする必要があります。

嘘の退職理由で介護施設をうまく辞める

介護職は辞める人が多く、人手が常に少ない業界なので、普通の退職理由ではなかなか辞めにくいです。

その退職理由としての方法は「嘘をつく」か「正直に言う」かの2つだけです。

嘘の退職理由で辞める場合、「父親の体調が悪く、介護をしないといけない」「実家の仕事を手伝わないといけない」などがあります。

よくある典型的な退職理由ですが、会社側は確かめようがないし、どうしようもできない事なので上記のような退職理由がベストでしょう。

本当の理由を言って介護施設を辞める

ただ、嘘をつくのが嫌な人もいます。

嘘をつくのが嫌であれば、本当の事を言うしかありません。

しかし本当の事を言うのであれば、かなりの覚悟が必要です。

なぜなら本当の退職理由というのは、あなたが我慢するか会社側が改善する事で、どうにかなるものなので必ず引き止められるからです。

会社側はあれやこれやと引き止めにかかるでしょう。

辞めた後の就職などの不安を煽ったり、足元をすくわれる事も言われるかもしれませんが、断固として辞める姿勢を貫き通すことが大切です。

ただし、本当のことを伝えて上司に退職を受け入れさせる方法があります。

それは辞めた後の就職先を先に決めてしまうことです。

就職先が先に決まってれば、会社側も引き止めるのも難しいでしょうし、精神的にも楽に話を進めることができます。

まずは「転職先が決まったので、退職する日を決めたい」と上司に相談してみましょう。

スポンサーリンク

転職サイト、介護

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加