腰痛が酷くて介護職を続けるのが辛い・予防策は?

介護職に就いたのはいいけど、腰痛が止まらなくて毎日が辛いという人は多くいます。

介護職は入浴介助やベッドから車椅子への移動、おむつ交換など 想像以上に中腰での業務が多く、腰に負荷がかかりやすい職種でもあります。

あなたも今そんな腰痛で悩んでいませんか?

このように介護職に腰痛はつきものになっていますが、ある統計では介護現場で働く人の3人に1人が深刻な腰痛に悩まされています。

介護の腰痛

スキルアップして重労働がない介護の管理職に転職するか、昇進を目指す考えもありますが、そう簡単に出来るものでもありません。

現実的な改善策として、物理的負荷を軽減するような設備・補助器具を導入してもらったり、負担をスタッフ同士が分散できる人的配置をしてもらうことも大切ですが、何より介護者自身が「自分の体をケアする」自覚と小さな努力が必要になります。

若い方だと体もある程度無理が効くし、力任せにしたり、精神力でなんとか乗り切ることもできますが、そのまま年齢を重ねてくと必ず腰痛に悩まされます。

その為、介護職で長く働いていくには正しい介護スキルと体のケアが必要です。

スポンサーリンク

介護中の姿勢を見直す

まずは根本的な原因から解決しなければなりません。

介護職を始めてから腰痛に悩まされている人は、介護中の姿勢に原因がある可能性があります。

介護をする時、無意識に負担のかかる姿勢なってませんか?

起床介助の際に利用者を支える位置が違うだけでもだいぶ負担を軽減できます。

ストレッチで腰痛予防

やっと介護の仕事を終え、家路に着いた後はすぐ眠りたいという人もいると思いますが、腰の筋肉が疲労したまま眠ってしまうと、腰痛の原因になったり、ぎっくり腰の原因にもなります。

入浴後や就寝前にストレッチを習慣するのが効果的です。

サポート器具などを使って腰痛対策

どんなに腰痛対策をしてても時には腰に負担をかけてしまう場合があります。

その場合は、コルセットをつけて腰をサポートしたり湿布を貼ったりする事をお勧めします。

特に湿布は、最も一般的で腰痛持ちの人は試しやすい治療法です。

「今日はいつもより忙しくて腰が痛い」というような急性的な腰痛には、冷湿布をお勧めします。

腰痛に対する予防は様々ありますが、1番重要なのは自分が使用してみて効果を感じるかです。

自分に合った予防策を見つけて、自分の体をケアする小さな努力を心がけましょう。

スポンサーリンク

転職サイト、介護

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加