毎日のサービス残業(無賃金労働)が辛い

「 介護施設のサービス残業で体力的、精神的に辛い…せめて残業代が付けば…」

現在、介護士として働く方は一度は思ったことがあるのではないでしょうか?

雇用主から時間とお金を搾取されるサービス残業は、無賃金労働とも言え、

とくに人材不足となっている介護職では、過剰に働かざるを得ない場合があります。

施設によっては

「人を相手にする仕事をしてる以上、サービス残業は当たり前!」

という社風もありますが、それはサービス残業をしないといけないほど、施設側の資金力に余裕が無いともいえます。

スポンサーリンク

サービス残業が辛い時の対処法は?

毎日数時間残業しても、ほとんど残業代が付かないなら、施設長や責任者に直接言ってみることも大切です。

又、残業代を支給しなくてよい管理職へ昇格させ、サービス残業をするように仕向ける「名ばかり管理職」など、悪質な場合は労働基準監督署に申告することも必要でしょう。

しかし上記でも説明したように、働いた分の対価として賃金が支払われない施設は、経営自体がうまくいってない場合が多く、残業代を支払う能力がない可能性もあります。

そもそも、こんな職場で働き続けること自体がリスクでしかなく、働く職場を変える(転職する)事も同時に考えておきましょう。

残業代が払われる施設へ転職するには?

もし別の施設へ転職をするとなると、一番不安になるのが「次の施設ではしっかり残業代が貰えるんだろうか?」という事でしょう。

それが改善されなければ転職をした意味がなくなってしまいます。

確実性がある方法として、実際に働いてる人の話を聞ければいいですが、この方法で事前に施設の内情を知ることは、現実的に難しいように思います。

ですが 就職する前にある程度の内情を事前に知る方法もあり、転職エージェントサイトを利用すれば、担当のエージェントが残業代の事などを確認してくれるサービスもあります。

こういった残業代などの情報はハローワークや求人誌ではなかなか知ることができないので、気になったら利用してみましょう。

サービス残業が多い施設との付き合い方

サービス残業の多くは、労働関係の知識に乏しい人や、高圧的な態度に弱い人に対して横行されやすく、介護業界の企業としてのモラルは崩壊しつつあります。

しかし、サービス残業の力によって介護施設が支えられてるのも事実。

おそらく全ての残業に賃金を払っていたら大半の施設は潰れてしまうでしょう。

ある程度のサービス残業は仕方のないかもしれませんが、結局それは施設側の都合です。

残業代の支払いで潰れてしまうようなら、所詮その程度の施設だったというだけで、私たちの貴重な時間を犠牲にする必要はありません。

早めに見切りをつけて、ちゃんと賃金が支払われる施設へ移ったほうが賢明です。

スポンサーリンク

転職サイト、介護

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加